専修学校とは

専修学校とは、職業や資格と直結した、大学に次ぐ高等教育機関です。

昭和51(1976)年、学校教育法に位置づけられました。

設置には、都道府県の認可が必要で、校舎の面積200㎡以上、授業時間800時間以上、修業年限1年以上、在学生が常時40人以上、専任教師数3人以上など、細かい基準が定められています。その基準をクリアされた学校だけが、専修学校と呼ぶことができます。

専修学校には、3つの課程があります。

課程 入学資格
高等課程
高等専修学校
中学卒業以上
専門課程
専門学校
高校卒業あるいは3年制の高等専修学校卒業以上
一般課程 限定なし

専門学校で、修業年限が2年以上で、総授業時数が1,700時間以上、試験等による成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を受けていると、専門学校修了者に対して、「専門士」の称号が文部科学大臣から認められました。

専門士には、大学へ編入できたり、税理士や社会保険労務士などの国家試験の1次試験が、大学卒業者と同様に、免除されます。

(出典)文部科学省 学校基本調査より