• ホーム
  • 専修学校と各種学校とは

専修学校とは

専修学校とは、職業や資格と直結した、大学に次ぐ高等教育機関です。

昭和51(1976)年、学校教育法に位置づけられました。

設置には、都道府県の認可が必要で、校舎の面積200㎡以上、授業時間800時間以上、修業年限1年以上、在学生が常時40人以上、専任教師数3人以上など、細かい基準が定められています。その基準をクリアされた学校だけが、専修学校と呼ぶことができます。

専修学校には、3つの課程があります。

課程 入学資格
高等課程
高等専修学校
中学卒業以上
専門課程
専門学校
高校卒業あるいは3年制の高等専修学校卒業以上
一般課程 限定なし

専門学校で、修業年限が2年以上で、総授業時数が1,700時間以上、試験等による成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を受けていると、専門学校修了者に対して、「専門士」の称号が文部科学大臣から認められました。

専門士には、大学へ編入できたり、税理士や社会保険労務士などの国家試験の1次試験が、大学卒業者と同様に、免除されます。

(出典)文部科学省 学校基本調査より

各種学校とは

各種学校は、学校教育法に基づいた、「学校教育に類する教育を行うもの」で、所定の要件を満たす教育施設のことです。

この各種学校から、一定の規模と水準を持ち、組織的な教育を行うものが「専修学校」と位置付けられました。

専修学校に比べて柔軟性を持った基準(各種学校規程)で設置されているため、自由で特色ある教育が行われており、地域に密着した生涯学習機関として、社会人・学生・主婦など幅広い年齢層が学ぶ学校です。

専修学校と各種学校では、就業年限・授業時間・入学資格などの基準に違いがありますが、いずれも学校教育法に定められた正規の学校であり、都道府県の認可を受けた「認可校」です。


認可校と無認可校

認可校と混同するような学校名を標榜していても、都道府県の認可を受けていない「無認可校」は専修学校・各種学校に含まれません。

無認可校であってもカルチャースクールや私塾など、現代のニーズに合わせた柔軟なスクールも多くありますが、以下の点に注意して下さい。

  • 正式な学歴として認められません。
  • 専門士の称号は与えられません。
  • 転入学・奨学金の対象になりません。
  • 国家資格など、資格に関する特典の対象になりません。
  • 学割が適用されません。